施工事例

事例38【大田区 賃貸マンション リノベーション】間取り変更で明るく広く

賃貸マンション、この時期は急いで商品化が急がれる。みなさんの引っ越しが多い時期である。建物は新築時はその新しさや設備などで人気があるもので今も尚、新しいものが造られ続けている。オーナーとしては、競争で負けない商品を提供しなければいけない。付加価値を考え、本質からよいものを目指す。
賃貸業・オーナー業は常に変化をし続けなければいけない。変わらない良さも持ち合わせ、変化可能なものを作り、また差別化も見出していく。
?
  • 間取りを変更し、住まい方の選択肢を増やす。開かれたお部屋で明るく。
  • 設備を更新し、お部屋にはそれぞれアクセントを用いる。色には素材にはそれぞれ意味がありますね。それをどう考えるか、考えられた空間で楽しんでもらえるように。オーナー様のご意向で今回はそのようになりました。
  • キッチンは優しく、温かく、洗練されたコンパクト設計で。選択肢の多いメーカー既製品を使う。キッチン壁はメンテナンス性のよいパネルを使用する。
  • バスルーム。癒される空間でありたい。清潔でなけばいけない。ホットできる空間を作る。メンテナンス性との共存ですね。
  • トイレはもいつまでもきれいにしておきたいところ。機能と見た目とこちらのアクセントは縦ストライプ柄です。スッキリした空間を目指したもの。