施工事例

事例1 【料理店】競合するお店が多い中、目をとらわれる意匠を意識して製作

新橋の駅近、サラリーマンの街のこの場所で夢を描いたオーナー様の為に、プランから施工。夢の実現の為に、そして事業成功の為、私たちができることをする。周りとの共存とそれとお客様をひきつける為には、現地に足を運び、時間をみて周りの競合店の雰囲気は?そしてここで共存しながらも負けない存在感を保つには??どんなお客様を呼び込み、広げていくか?それにより、店の雰囲気作りも変わる。無論、お店の一番の売りをもっての勝負です。
私たちはできることをするだけですが、そこに最大限夢を叶える為の力を結集させるわけです。職人さんたち、そしてわが社の担当者、汗の誠意の結晶ができあがりました。
  • お店の中で、一番狭く特別な場所。限られたスペースでの演出になります。明るくするよりもよりダークな感じでイメージをつくりました。ふと一人になる世界。なんとも特別な空間です。清潔でありながらも演出をこっています。オーナー様との打ち合わせで決めて実行しています。
  • 内装は、白く明るく、女性でも入りやすい雰囲気づくりを演出、これがオーナー様の考えでした。商売の基本でしょうね。その為入り口の建具、間口の関係もあり、引違でありながら内部が良く見える透明ガラスを使用。格子の桟も限りなく少ないながらもデザインを重視、重なり合う場合のデザイン、しまった並びのデザイン、これを弊社の担当Yさんは考えていたようです。お店には、誠実な透明感が出たようです。
  • 内装は優しい左官調のクロス、建具、カウンター、その他木部は白木。照明の色はあえて白色を強くし清潔感を演出。明るさが外部に漏れ、外看板とのコントラストを感じて頂けると思います。
  • お店に売りの商品、和の雰囲気を作ります。白木で清潔感のあるお店、竹などを使いお店に雰囲気を出します。やはり空間づくりの鉄則は、照明計画をどうするか?素材が空間が料理が生きてきます。お店を外から見たとき、その透明な引き戸の中に見える空間、パット明るく、その光に吸い寄せられる雰囲気です。和の素材を使い、それでもやりすぎない、料理を創造させる空間でありたい。こてこてではないのです。 是非、その空間を感じてください。
  • 新規開業店舗 新橋 居酒屋 【手八】の設計施工